アトピーと漢方薬

スポンサードリンク

アトピーの治療でよく聞くのが「漢方薬」ですよね。では、アトピーに効く漢方薬とはどんなものがあるのでしょう?漢方薬は一般的な民間療法とは違います。漢方薬はきちんとした医療機関で処方されます。体質や症状によって処方される漢方薬も違いますが、きちんと診察を受けてから漢方薬を処方してもらいましょう。その方がアトピーが治る可能性が高いです。また、漢方薬は最大で6週間続けて服用しても効果がない場合、その漢方薬はあなたのアトピーには効果がないと判断していいようです。

アトピーの漢方薬の種類

アトピーの症状によって漢方薬の種類も変わります。大きく分類するとアトピー時にできる湿疹に効く対症療法とアトピーそのものの体質改善に分けられます。
症状や年齢等でも異なりますが、代表的なものは、対症療法では「治頭瘡一方(ちづそういっぽう)」という漢方薬です。また、体質改善で代表的なものは「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」です。「五苓散」・「温清飲」というのも試してみるといいかもしれません。ですが、漢方薬は必ず診断を受けてから服用することをお勧めします。

アトピーの漢方薬の飲み方

アトピーで漢方薬を飲む場合、食前に飲みましょう。空腹時の方が腸の吸収がいいためです。食事の後に漢方薬を飲んでしまうと、食べた食事で漢方薬の吸収が遅くなり、効果が薄まってしまいます。また、漢方薬は昔に比べてとても飲みやすくなりました。しかし、どちらかというとやはり苦くて飲みにくいものに変わりはありません。特にお子さんに飲ませるのは至難の業でしょう。アトピーにいいから飲みなさい!と言っても苦いものは飲みたがらないからです。その場合はゼリーに混ぜたりオブラートに包んだりして苦味を弱くしてから服用させるのがいいでしょう。

アトピーと漢方薬と松居一代

スポンサードリンク

アトピーのお子さんをお持ちの芸能人で有名なのが松居一代さんです。しかし、松居一代さんはお子さんの重度のアトピーを完治させました。その方法がネット上に掲載されています。松居一代さんの講演でアレルギー物質を徹底的に除去する方法もお話しされているようです。また、松居一代さんはお子さんのアトピーに漢方を使われたようですが、漢方薬でも副作用を起こす場合があります。一番いい事は自分に合った漢方薬を調合してくれる漢方医という医師を探すことです。ちょっと出費がかさみますが、これが一番最善・最速の、アトピーを漢方薬で治す方法です。