アトピーの食事でアトピーを完治

スポンサードリンク

アトピーの食事でアトピーを完治することができるのでしょうか?アトピー患者は年々増え続けていると言われています。これまではステロイドといった薬で皮膚の表面の炎症のみを抑えてしまうという治療方法がありました。ですが、これではアトピーの根本となる原因を治すことができません。そこで最近では食事によって完治する方法もちらほら出てきています。
その方法とは、「胃と腸を強くする」という方法です。タンパク質の分解と、異種タンパク質を取り込まないためです。この方法にはキャベツがよく効くようです。アトピーの食事でアトピーを完治することは不可能ではないのです。

アトピーの食事レシピ

アトピーの場合の食事で一番大事なことはまず、食物アレルギーの原因になる食物を断つことです。ですが、この方法は栄養バランスが崩れる可能性があるため、賛否両論です。そこで、ネット上や書籍でアトピーの食事レシピをいろいろ調べてみると、とてもたくさんのレシピがありました。ですが、中には自分がアレルギーのある食物を使ったものもあります。いろいろ検索してみて、アトピーの食事レシピを他サイトにまとめようと思います。

アトピーの食事(母乳編)

赤ちゃんがアトピーの場合、母乳を上げている時期ではお母さんの食事にも気を使いますよね。アレルゲンを除去した母乳を与えてあげましょう。アレルゲンを除去した食事だと、栄養バランスが気になるところですが、気にするあまりミルクを与えたりしない方がいいです。アトピーの赤ちゃんには、お母さんの母乳が一番いいんです。
離乳食を食べれるようになったら、和食を中心に薄い味付けで離乳食を作ってあげましょう。もちろん、アレルゲン食品は避けます。栄養がきになるようならアレルギー用のミルクもありますが、完全にアレルギー用というわけではないので、赤ちゃんの具合やアトピーの程度にもよります。

アトピーの食事の落とし穴

スポンサードリンク

アトピーの食事には一般的に言われる体に良い食べ物がいいのでしょうか?無農薬とか国産とか、安全安心と謳われている食物がはたしてアトピーの食事に向いているのか。事細かに解説してあるサイトもありました。そのサイトで紹介されていたポイントがあります。ひとつは糖質より脂質を重視すること。もうひとつは豚肉は、牛肉や鶏肉と比べてヒスタミンが多いということです。アトピーの悪化・かゆみが増す原因となる「脂質とヒスタミン」。これはアトピーの食事でも特に気をつけていたいところです。